てっぺんが薄いので改善するためにどうにかする

てっぺんが薄いので改善するためにどうにかする

頭のてっぺんが薄くなってきたなと感じる方も多いと思います。
頭頂部部分が薄くなって河童みたいになるとはげ方としてもカッコ悪いですね。
かっこいいはげ方もないのですが、まだ生え際から薄くなってきた方が良いですかね。

 

ただ、そんなこともないです。
てっぺんで良かったと思うべきかもしれません。
なぜなら生え際よりてっぺんの方が改善しやすいと言われているからです。

 

AGAクリニックなどで出ているビフォーアフターなど薄毛が改善した写真を見ていただければわかると思いますが頭頂部写真ばかりです。
私も某AGAサロンに通っていたのですが、生え際の方が改善が難しいと言われた記憶があります。

 

ですからてっぺんが薄いという程度なら改善へ向けて努力すると希望の光はあるのではないでしょうか。

 

私がいろいろ経験した結論からいうと一番はAGAクリニックで薬を処方してもらったりして治療するのが一番だとは思いますが、ハードルが高いと思います。
行ける人は行ってみてください。
無理なら育毛剤などを使ってということになります。
生活習慣の改善などを並行して行うことです。

 

ここで対策のポイントをまとめてみたので見て見てください。

はげ対策の方法のまとめ

はげを予防するための方法はいくつか考えられます。

 

頭皮の進行状況やどれくらい費用をかけられるのかなども関係があったりします。そういったことでいろいろな対策をまとめて紹介しようと思います。

不規則な生活習慣を見直す

まず初めは不規則な生活習慣の改善をすることでしょう。

 

生活習慣を改善して体質を改善することが基本的なことでしょう。

 

まだはげていないけどはげたくない方、はげを改善したい方までが行わなければいけないことだと思います。
ただ、これを継続するのがなかなか難しいことだったりするのでサプリメントなどを利用して補うのも一つの方法です。

シャンプーを変える

頭皮の環境を整えるためにシャンプーは大事です。

 

市販の刺激の強いシャンプーなども多いですから頭皮に良いシャンプーを選ぶことが大事です。

 

個人差はありますがシャンプーを変えることで抜け毛が減った方もいますし、シャンプーを変えることは始めやすいと思います。

育毛剤を使用する

薄毛、はげ対策といえば育毛剤です。
非常に大事なのですが、育毛剤だけに頼りすぎてもなかなか変化が見られないということもあります。
あと全く効果がないという方もいますが、数ヵ月は継続していかないとなかなか変化が見えにくかったりします。

 

ですから他の対策も一緒に行うことが重要です。

サプリメント

私的にはサプリメントというのはとても大事だと感じています。

 

これを摂取することで体の内側からアプローチします。
サプリメントもそうなのですが、プロペシアなどの内服薬も体の内側からですね。サプリメントでいうと亜鉛やノコギリヤシなどが代表的な成分です。

育毛サロンに通う

これは半年や1年で100万くらいはかかると考えておいて良いと思います。

 

さらにオプションなどを追加するとさらに料金がかかります。
私も行っていたのですが料金も高くなりますし、なかなか大変です。自分ではなかなか育毛できないという方は通うのも良いかもしれません。

AGAクリニック

やはり一番の方法かなと思うのはこのAGAクリニックに通うことかなと思っています。
どういったことを行うのかというとプロペシアなどの内服薬の処方やオリジナル施術などもあったりします。

 

料金は内服薬の処方なら月数千円くらいでオプションをつけていくと月数万円以上になります。私も行きましたが、施術も一瞬で終わりますし、薬だけならそれほど高くないですし、意外に行きやすいと思います。

 

ただ、薬をやめるとまた薄くなってくるということになるかもしれないので先に紹介した不規則な生活習慣などを見直すことも平行して行うことが大切だと思います。

植毛・増毛・カツラを利用する

自然に生えてくる毛でなくても良いという方は植毛・増毛・カツラなども良いでしょう。
手っ取り早く見た目を変えたいなら良いのかなと思います。ただ、これも範囲や本数などでかかる料金が変わってきます。かつらもメンテナンスなどかなり出費が大きくなります。

まとめ

大体こういったところが一般的な育毛対策でしょうか。

 

まずは自分の薄毛具合、出せるお金も含めて考えることが大事です。

 

継続的にお金がかかるのでそれも考えていかないといけません。

 

個人的にはAGAクリニックでプロペシアやオリジナルの施術を受けるのが良いのかなと思いますが、プロペシアなどの副作用が気になるとか、AGAクリニックには通いたくない方も多いと思います。それなら自分で育毛剤を使ってサプリメントで補ったりを継続していくことが大事になってきます。

育毛剤の選び方

AGAのクリニックに行きたいという気持ちはあるけど考えるなという方も多いかと思います。

 

はげているわけでもないし、AGAクリニックに行くほどでもないと考えている方も多いのではないでしょうか。
そういった方というか薄毛を改善したいという方がよく利用するのがご存知の育毛剤です。

 

育毛剤は市販でも売っていますし、毎日頭皮につけるだけなので自分のタイミングでできます。

 

実際薄毛で悩んでいる方で育毛剤に頼っている方は多いと思います。
育毛剤は薄毛対策として使うのは良いとは考えますが、意外に効果がないなと思っている方も多いはずです。
まず育毛剤に関して理解しておく大事なことなのですが、育毛剤を使ったからすぐに効果が出るわけではほとんどないんです。

 

やはし最低数か月以上継続して使う必要があるわけです。

 

合わない育毛剤を使ったり、薄毛の原因が他の要因が大きい場合、継続して使用していても効果を感じない人もいるわけです。

 

ですから良い方法は自分の薄毛の理由を知り育毛剤を使用して、自分の薄毛の状態に合わせて生活習慣や食生活の改善、サプリメントを摂るなどを併用することが大事ではないでしょうか。そして、それを継続していくことが大事です。

 

ですから育毛剤があれば大丈夫だと思っている、なかなか効果が出ないので使用しなくなる、育毛対策が間違っているといった方が特に効果が現れにくい方だと思っています。おそらくですがそういった方は多いのではないでしょうか。
私はですが、生活習慣や食生活の改善、育毛剤も使用し、シャンプーは頭皮に優しいもの、サプリメントなどを摂取して予防しています。
まずはこういったことを理解しておいて育毛剤について書いていきます。

 

育毛剤は数多くありますが、使われている成分も価格も当然違ってきます。まず、ご存知の方が多いのがミノキシジルというものを配合した育毛剤です。

 

これはドラッグストアなどでもAGA専門のクリニックでも購入できるところもあります。これは発毛効果が認められているということですが、副作用もあるので注意が必要です。

 

絶対に出るものではないのですが、そういった可能性もあるんです。
私もミノキシジルを使用した育毛剤を使用したことがあるのですが、副作用と思われる症状が出たので使用するのを中止した経緯があります。そして、今は副作用のない育毛剤を使っています。効果はと言えば人それぞれ違うので自分に合っていたり人気なものを使用していくのが良いかと思います。

 

では育毛剤を選ぶポイントを書きたいと思います。
まずは成分についてです。育毛剤でも含まれている成分は違いがあります。

 

有名なものではミノキシジルがありますが、副作用もつきまといます。
それ以外で言うとグリチルリチン酸2K、センブリエキスなどが含まれている育毛剤が人気になっているようです。さらに、その他にいろいろな成分が配合されているものが多いです。

 

極論ミノキシジルかその他なのかというところの判断になるのではないかと思います。もちろん、ミノキシジル以外の育毛剤でも違いはあります。
次に紹介するのが価格に関してです。

 

育毛剤によってはかなり価格が違います。継続して使うということになるとさらに価格に差が出てきますのでしっかり価格も見ておくことが重要です。期間特典やキャンペーンなどをうまく利用すると費用も抑えられると思います。
ではいくつかおすすめの育毛剤を紹介したいと思います。

 

■BUBKA
私が使用した中でおすすめする育毛剤です。

 

実際人気実績のある育毛剤です。ポイントはミノキシジルと同じレベルの効果が期待できるとと同時に頭皮に優しいというところです。
私も使ってみて使用感も良いという感覚がありました。

 

シャンプーやサプリメントの商品もあるのでセットで利用するのも良いのではないでしょうか。
■チャップアップ(CHAPUP)
実績もあり人気がある育毛剤です。

 

私も使いましたが良いです。ポイントはというとセンブリエキスやグリチルリチン酸など44種類の成分が使用されています。

 

他では無添加無香料というのがあります。
■薬用ポリピュア
バイオポリリン酸という独自の配合成分に低分子コラーゲンやセンブリエキス、ヒオウギ抽出液などが配合されています。
また、ナノサイズ粒子採用ということで浸透力が良いということです。ポイントはというとバイオポリリン酸が配合されているところとナノサイズ粒子が採用されているところでしょうか。

サプリメントで補う

薄毛になってきて対策をとろうと考えたとき何からしていくのかというと多数の方がシャンプーを変えたり、育毛剤を使おうと思うと思います。

 

他では食生活や生活習慣の改善というのもあるでしょうか。普通対策と言えばこういうところだと思います。

 

ですが私はこれまでいろいろな育毛、薄毛対策を行ってきて他にも大事なことがあると感じました。

 

それが体内からの体質改善です。そこで良い方法としてサプリメントを摂るというのがあります。
サプリメントもいろいろあるのですが、摂取するのは育毛や髪の毛に良いとされる成分の含まれているサプリメントになります。例えばノコギリヤシエキスや亜鉛などが配合されているサプリメントです。これは育毛に良い成分と言われていて、様々な育毛サプリメントに配合されていることが多いです。

 

当然シャンプーを変えたり育毛剤も大事で使うのですが、同じくらいこのようなサプリメントを摂取することも重要だと考えます。
シャンプーや育毛剤は外側からですが、体の内からだと食生活や生活習慣を修正するというところだと思います。ですが、それだけでは不十分でしょうし、これまでの生活習慣を変えていくことが大変だからこそサプリメントで補助することが良いわけです。

 

まあ亜鉛ならサプリメントではなく牡蠣などの食品から摂ろうと思えばできるにはできますが、たくさん食べることはできないですし、効率よく摂取できるわけでもないです。
ノコギリヤシでいうと普通に売っていませんからサプリメントを購入してということになります。

 

では亜鉛やノコギリヤシについて紹介したいと思います。

 

まず亜鉛に関してですが、髪の毛はというとケラチンというタンパク質からできているんです。タンパク質の合成に亜鉛が必要なわけです。
ですから亜鉛不足になってしまうと抜け毛が増加してしまって薄毛に関係する可能性があるわけなんです。
ですから育毛向けに作られたサプリメントにも亜鉛が含まれているものが多いようです。ノコギリヤシはというとヤシ科の植物ですが、スーパーなどでは普通売っていません。
そして、ノコギリヤシをここで初めて知ったという方もいるかと思います。それではノコギリヤシが育毛に関係しているのはなぜなのかというと、まず薄毛の大きな原因の一つに男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が関係しています。このジヒドロテストステロン(DHT)が増えてしまうと薄毛が進行してしまうことが多いということです。これには男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつき、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化して増えてしまうんです。ここでノコギリヤシはこの5αリダクターゼと結びつくことを抑制することが期待できると言われているわけです。AGAクリニックなどで処方してもらえるプロペシアなどもこれと同じような効果があるということです。プロペシアのほうが効果が期待できると思いますが、副作用の可能性も高いのでサプリメントから始めようと考えるわけです。

 

もし早く効果を出したいというのであれば、AGAクリニックなどでプロペシアなどを処方してもらうほうが良いと思います。

 

副作用が怖いし、クリニックに行くのもちょっとというのであればサプリメントを試してみると良いと思います。サプリメント以外で青汁などの健康補助食品も摂取するのも良いと思います。
シャンプー、育毛剤、サプリメント、健康補助食品と様々な角度からサポートするのが良いと思います。

 

ただ、いきなり全部利用しようとすうと費用がかかるのでそのあたりも考えていくことが大切です。

不規則な生活習慣を改善する

一番基本的なところで不規則な生活習慣を見直すことです。これは育毛予防になるだけでなく、健康を維持することにも関係があります。生活習慣を変えることで体質も改善されて育毛につながるということなんです。

 

では生活習慣を改善するとはどんなことを行うのでしょうか。

食生活を見直す

まず初めに挙げるとするなら偏った食生活の改善です。
ほとんどの人が摂取しなければいけない栄養が足りていないとか偏っていたりします。

 

そういったところから体重が増えていったり様々な体に不調が起こったり最終的に抜け毛が増えることにもつながってしまうことがほとんどです。

 

ここでどうせ肉や糖質は抑えましょうということでしょと思っている方もいると思います。
まあその通りです。単に肉類がいけないというわけではないです。
摂りすぎがいけないわけです。

 

さらにいえば食べ物はアルカリ性と酸性にわけられ、アルカリ性食品を積極的に食べることが良いということなんです。
太っている方などにも同じことが言えるかと思います。
ちなみに酸性食品は肉、魚、卵、穀類や海苔もこちらになります。
アルカリ性の食品は野菜、果物、きのこ、大豆、わかめはこちらになります。ちなみによく言われる体に良いと言われているものはというとアルカリ性食品が多いことがわかるでしょう。こういったことも考えて食生活を改善していくことが大事です。

睡眠

睡眠時間が短いのは良くないとされています。なぜかというと寝ているときに成長ホルモンが多く分泌されるということなんです。そして寝ているときは副交感神経が優位になっているのでリラックスしている状態になります。

 

ストレスも薄毛に関係してくるのでしっかり睡眠時間を取ることが大切です。

ストレスを解消

ストレスからくる病気も多いですから強いストレスは体に悪影響が出る可能性があります。強いストレスがたまると交感神経が優位になり、緊張状態が続き、血管が収縮してしまいます。
髪の毛の栄養は血液を介して送られてくるので必要な栄養が届きにくくなります。とはいえストレスフリーという方はほとんどいないでしょうしできるだけストレスをためないような環境を作ることが大事になってきます。

髪染め

白髪染めや脱色剤のブリーチなどがあるとは思いますがこれは頭皮にとって良くないです。
刺激が強い商品が多く、あとになって抜け毛や薄毛につながってくるということなんです。

 

本当は使用しない方が良いのですが、使用するのであればできれば頭皮に優しいものを使うのが良いのではないでしょうか。

喫煙

タバコを吸うのも血管を収縮させてしまうので良くありません。

 

他には肺がんなど体に悪影響を与えてしまうことがあるのでタバコを吸っているという方は禁煙できるというならやめたほうが良いでしょう。

お酒

お酒に関しては少量なら悪いものではないのですが、飲みすぎると悪いものになります。

まとめ

生活習慣の改善もいろいろあります。実はこの生活習慣を改善するというのが育毛剤を使ったりすることよりも継続していくことがとても難しいんです。
今までの生活習慣を変えてそれを継続していくことがどれほど難しいのかやってみるとわかります。なので私は青汁やサプリメントなどを摂ったり、定期的にスポーツしたりしてストレスをためないようにしたり、考えてできることから行っています。
それでもやはり規則正しい生活というのが基本になりますのでやれることから行っていくと良いでしょう。

 

薄毛になってしまうのはなぜか

薄毛が顕著になると、見た目なども良くなくなったり、老けて見られることもあるので、できれば早めに阻止するべきかと思います。。

 

薄毛になる理由としては、老化や遺伝により薄毛になりやすい体質などもあるんですが、他方にも、日常生活慣習やストレス、食事などの影響によるときもあるんです。
また、頭皮を洗いすぎ、市販の刺激の強い安いシャンプーを使用していたり、しっかりシャンプーを流せていないことも要因になることもあるんです。
また、外出するとき紫外線対応を怠ってしまうと、抜け毛が増えるのにつながることもあるため、自分でしっかりと要因を掌握しておき、普段から阻止を心がけることが大切です。

 

近年は、加齢に関係ないところで薄毛になるなど、20代の若者にも薄毛が多く、薄毛になる前から、阻止をしておくことが大切です。

 

日常生活慣習や食事の乱れを見直ししていき、また、ストレスがたまりやすいという方には、自分の心持ちの切り替えや、ストレスとなっているものの解決、悩みなどがあるときには、まわりにいる身内や友人に相談してみることも悩みを解決する糸口としては有意義な方法といえると思います。

 

髪を洗うなら洗いすぎないで洗うこと、またシャンプーは自分にあったものを使い、頭皮にシャンプー剤が残らないように洗い流すことも大切です。
外出するときは帽子をかぶり、紫外線を浴びないように頭皮を守ることをおすすめします。